見た目のコンプレックスの克服!しかし、男は容姿よりも中身でモテる

俺なんかどうせ見た目にコンプレックスがあるし、
いい男じゃないからね!

 

 

振られた理由を容姿のせいにして自分に言い聞かせる。

 

 

そうやって玉砕記録を更新し続けて早5年。

 

オシャレ、スキンケア、ダイエット。

 

色々試してきたけど、克服なんてできやしない。

 

 

こうなったら美容整形か!?

 

 

イケメンに生まれ変わったらモテるに違いない!

 

 

 

整形なんて穏やかな話じゃありませんね(笑)

 

残念ですが、どんなにイケメンでも玉砕することはあります。

 

オシャレでも、肌が綺麗でも、痩せていても同じことです。

 

 

モテる男になるなら、容姿よりも中身が重要です。

 

 

もちろん見た目が良いに越したことは無いですが、
女性が男に魅力を感じるのは見た目だけではありません。

 

中身を磨いてモテる方法を知りたくないですか?

 

中身を磨くことで容姿とのギャップを作る

 

本題に入る前に、

モテる男になるために中身を磨くというのはどういうことか?

を解説したいと思います。

 

 

きっかけは女性にモテるために中身を磨くことになりますが、

そのためだけに行動するとブレやすくなります。

 

モテるために、と言っているのに?

と思うかもしれませんが、モテることを目指すだけでは、

あれこれ手を出して中途半端になるからです。

 

例えば、

「今、女性に人気だから」と聞いて流行やブームを追いかけて

何でも飛びつくような男は薄っぺらいままです。

 

 

もっと広い意味で人としての器を広げることが必要です。

 

 

それは容姿を磨くことよりも、壮大なテーマだと感じますが、

だからこそ女性にモテることにも大きな効果があるのです。

 

例え、容姿も悪くてポンコツで中身が空っぽの男であっても、

中身さえ磨いていればイケメンと同じくらいモテるようになれます。

 

 

能ある鷹は爪を隠すと言われますが、

こっそり中身を磨いて、引き出しを多く持ちましょう。

 

 

容姿が悪いけど中身が素敵な人というギャップがある男は、

女性が男を好きになる必勝パターンです。

 

女性にモテることを二の次にしても十分モテるようになるので、

中身を磨くことをおすすめします。

 

モテるために習慣化したい中身を磨く方法

 

ここからは、中身の磨き方について解説します。

 

そのために役立つ5つの習慣を紹介していきます。

 

読書で表現力が豊かになる

 

まず一つ目として、

読書することをおすすめします。

 

読書は短時間で他人の経験を自分の体験として取り入れることができるので、

なるべく多くの本を読むことで知見が深まります。

 

図書館は無料で2週間くらい借りることができますので、

1回で5冊くらい借りて読むと年間100冊以上は読破できます。

 

 

ジャンルは心理学や成功哲学がおすすめで、

恋愛にも役立つのはもちろん、

仕事やコミュニケーションの上達に効果があります。

 

ぜひ読んで欲しいのが、「思考は現実化する」という本です。

 

難しいので何度も繰り返し読む必要はありますが、

どれだけ時間をかけても読む価値のある書籍です。

 

映画鑑賞で彼女と共通の話題を用意しておく

 

2つ目は、映画鑑賞です。

 

映画館よりも動画配信サイトで何作品も観ると効率が良く、

ジャンルを問わず色々観ていると女性との話題にも使えます。

 

くだらない映画でも話のネタになりますし、

奥が深い作品を発見すれば人生の教訓にもできます。

 

 

私のオススメは、

バタフライ・エフェクトシリーズ」や「マトリックスシリーズ」です。

 

どちらもSFもので恋愛とは関係なさそうなストーリーですが、

主人公が願望を実現するためにどうするか、

葛藤する姿は現実世界にもつながる話だと思います。

 

私はこの作品が好きなのもありますが、

非常に奥が深いため繰り返し観ています。

 

豊富な遊びの経験を生かす

 

3つ目は、季節感を持って多くの「遊びを経験する」ことです。

 

紫外線を気にして部屋に閉じこもるのではなく、

季節に合わせた遊びをすることをおすすめしたいです。

 

遊びの中でしか学べないことも多いですし、

「何でそんなこと知っているの?」という知識や経験は、

女性にとっては魅力的にうつるのが理由です。

 

 

夏はバーベキューボディーボード

冬は鍋パーティースノボがおすすめです。

 

料理の腕前とカッコいいところを見せる機会になります。

 

女性を誘うとモテることにつながって一石二鳥です。

 

得意ならドヤ顔できますし、

ヘタクソなら笑いに変わるのでどんどん挑戦しましょう。

 

十分な睡眠と運動でスッキリする

 

4つ目は、しっかり睡眠を確保して運動を継続することです。

 

恋愛は体力が必要ですし、

上記3つの習慣を取り入れるだけでも体力を消費します。

 

 

体力さえあれば、寝不足な時もパフォーマンスが発揮できます。

 

また、積極的に体力を使わなければ増えることはありません。

 

「仕事が肉体労働だから必要ないよ!」と思ったとしても、

仕事とは別としてスポーツをすることをおすすめします。

 

スポーツを継続している人あるある話なのですが、

目力というか覇気というのがあって女性になめられにくくなります。

 

 

これは私の経験によるものですが、

運動も週1回程度では効果が実感しにくいので、

やるなら本気で目標を設定して実践するのをおすすめします。

 

 

汗をかくと恋愛に限らず嫌な思いをしても、

運動後にはどうでもよくなってスッキリします。

 

彼女がいなくても平気かも!という中毒性もありますが(笑)

 

モテる男は仕事もできる

 

最後の5つ目は、仕事で結果を出すということです。

 

上記の読書や映画などで得た知識を仕事に活かし、

職場で尊敬され頼りにされる存在になることを目指します。

 

社会に出ると勉強しなくなる人は多いですが、

自分の実力をどこまで伸ばせるか意識しているのといないのとでは

将来の収入にも差が出ます。

 

また、

遊びで得た人脈や日々の運動で体力がつくことで、

仕事のパフォーマンスも上がりますし前向きになれます。

 

 

つまり、女性にモテるためには総合的な性能というか、

できるやつの雰囲気を身に付けるのが近道です。

 

 

その雰囲気が例えハッタリだったとしても、

継続していれば本物になると信じて続けましょう。

 

まとめ

 

男は中身で勝負というお話でした。

 

正直な話、中身を磨くといっても地味で緊急性もないですし、

一つ一つの習慣による効果は微々たるものかもしれません。

 

しかし、本当に大事なのはこれらの習慣であって

積み重ねることでイケメンと同じくらいモテるようになれます。

 

中身を磨くのは時間がかかりますが、

見た目を磨くことより大きな恩恵が得られます。

 

今回お伝えしたいことを以下のとおりまとめました。

 

■中身を磨くということは人としての器を広げること。

■中身を磨くことで容姿との良い意味でのギャップを作る。

■モテるために中身を磨くことを習慣化しよう。

 

恋愛は上記で解説したような自分磨きの習慣も大切ですが、

恋愛特有のルールを把握することも重要です。

 

これを理解しているのといないのとでは、

大きな差がありますが、なぜか誰も教えてくれません。

 

恋愛のルールに関しては、

こちらの記事がおすすめです↓