女性との会話を練習するには?私が実践した3つの方法を教えます

ホントに昔から女性との会話が苦手!

 

緊張して手が震えるし、口の中はカラッカラ。

 

 

顔が赤くなるのに、頭の中は真っ白って冗談じゃないよ~。

 

耳まで真っ赤になって、「サル」だとか呼ばれたこともあった(笑)

 

こんな自分にもうガッカリ・・・。

 

 

女性との会話を練習する方法って無いの?

 

 

かなりお困りのようですね。

 

女性との会話が苦手では、恋愛どころではありません。

 

私も同じような悩みを抱えていたので、あなたのお役にたてるかもしれません。

 

今回は、「女性との会話を練習する方法」について解説します。

 

女性との会話が苦手!原因は恋の予感を期待するから?

 

「飲み会や合コンなど女性との会話が苦手」

「沈黙がコワいので女性と二人っきりのデートなんて無理」

 

このような悩みを抱える男性は多いです。

 

 

しかし、女性との会話に苦手意識を感じているものの、

「どんな女性も全て苦手」という人はあまり多くないようです。

 

つまり、それは「特定の女性」が苦手ということです。

 

例えば、

好きなタイプの可愛い女性だったり、明らかに美人だったり。

 

言うなれば、恋の予感を期待してしまうような女性のことです。

 

 

その一方で、

ブスな女性やオバサンに対しては平常心を保って余裕の会話ができる(笑)

 

このように女性によって、苦手意識にも程度の差があるのではないでしょうか?

 

 

女性との会話の悩みを解決するためには、

「恋愛経験を積めば良い」というのが答えなのですが。

 

だからと言って、「単純に女性と接触すれば苦手意識が無くなる」

というほど簡単な悩みではありません。

 

 

女性との会話を練習する前に、まずはその原因に対処する必要があります。

 

あなたは自意識過剰?自信がないなら過度な期待をしない

 

これまでの私の経験による意見ですが。

 

合コンや飲み会に参加して女性に慣れれば、女性との会話が得意になるのではないか?

 

そのような仮説を立てて行動しましたが、なかなか緊張感は消えませんでした。

 

 

もしかすると、

あなたも色んな出会いの場に参加しているのかもしれません。

 

それでも状況が改善されない場合、「自意識過剰」が原因ということが考えられます。

 

つまり、

 

「失敗したくない」

「いいところを見せよう」

「こんなことを言ったら恥ずかしい」

 

このような「過度な期待」や「強迫観念」が邪魔をしているということです。

 

 

あなたが「自意識過剰」を改善しない限り、

女性と接する機会を増やしても緊張し続けてしまうかもしれません。

 

■女性に慣れているはずなのに緊張する。(あがり症)

■女性の反応を気にし過ぎて自信がない状態になる。

■嫌われてるかも?という不安で会話に集中できない。

■勘違いして本当に女性に嫌われる。

 

このような多くの問題があることから、「自意識過剰」は厄介です。

 

 

会話を練習して上達しようという前向きな姿勢は良い事です。

 

しかし、女性との会話に自信がないのであれば、

あまり期待し過ぎないほうが上手くいきます。

 

私が実践した「女性との会話を練習できる3つの方法」

 

では、女性との会話を練習するには、どのような方法が良いか?

 

女性との会話を上達するには、以下の条件を満たす方法で練習すると良いです。

 

■なるべくお金をかけない

■話を聞いてくれる女性

■居心地が良いけど緊張感もある

■恋愛につながる接点が取りやすい

 

 

「女慣れするために街で女性に声をかける」というのは、無料ですが、

勇気が出なくて結局いつまでも声をかけられずに時間だけが経過することもあります。

 

練習する為だけに女性から罵声を浴びせられていては、心が持ちません。

 

 

また、

「キャバ〇ラ」のような、プロの女性は聞き上手ですが練習相手の女性として不向き。

 

お金ばかりむしり取られて、「良いお客さん」にされてしまう心配があります。

 

 

その点を踏まえ、

以下の方法で「場の力」を借りて女性との会話を練習することをオススメします。

 

カフェや美容室やヘッドスパの女性店員と会話する

 

いつもの買い物を女性との会話の練習に活用しないのは損です。

 

よく利用するお店では、女性店員さんに顔を覚えてもらい会話をしましょう。

 

そのためには、何度かお店に足を運ぶ必要があります。

 

 

「美容室」と「ヘッドスパ」は女性の店員さんと数十分近く会話できますし、

毎月1回くらいの頻度で通うだけで親しい関係になれるのでオススメです。

 

シャンプーをしている間など、天井を見ながら雑談することから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

「カフェ」の女性店員さんと会話の練習をすることもオススメです。

 

声をかけるのが難しいかもしれないので、

女性との会話に慣れたところで挑戦してみても良いかもしれません。

 

カフェの女性店員さんのアプローチの仕方は、こちらの記事が役立ちます。

 

 

 

女性比率の高い趣味のオフ会に参加して会話する

 

私は、アニメの「けいおん!」という作品にハマっていた時期がありました。

 

 

かつて大盛況だったSNSのmixiをご存知でしょうか?

 

 

そのmixiで「けいおん!」のオフ会に参加していた時期があります。

 

mixiでは、今でも多数のオフ会が開催されています。

 

あなたにもハマっているマンガやミュージシャンなどの趣味があれば、

オフ会に参加する事をオススメします。

 

共通の話題であり熱中していることについて語り合うことは、

女性との会話が続かないという心配も少ないですので、

盛り上がることが期待できます。

 

 

女性比率が少ないオフ会の場合、

参加者の女性が「姫」のようにチヤホヤされて近づけないことがありますが・・・。

 

そんな時は、興味のある「男性アイドル」のことを

Youtubeなどで勉強してオフ会に参加するという方法も実践しましょう。

 

男性ファンが少ない傾向があるので、参加者の女性から大歓迎されることがあります。

 

 

ちなみに、mixiはメールアドレスがあれば無料で始められます。

 

料理教室で恋愛の予行演習!女性と共同作業をしながら雑談

 

私は、友人男性と料理教室に参加して女性と知り合っていた時期があります。

 

女性とグループになり共同作業で料理をするので、

単純に楽しい時間を過ごせるだけでなく、デートをする前に一緒に食事ができるということがメリットです。

 

 

言うなれば、料理教室で恋愛の予行演習というところです。

 

 

女性との会話の練習は、調理作業をしながら話をするので気楽にできるはず。

 

 

また、ハプニングが起こりやすいので、

ツッコミやいじりの練習にもってこいの場所でもあります。

 

話に夢中になって料理に失敗しそうですが、それはそれで楽しい(笑)

 

料理教室で恋愛なんて「はしたない」との意見もあるでしょうが、
私は迷惑さえ掛けなければ良いと思っています。

 

婚活パーティー運営会社でも「料理合コン」イベントが開催されていますので、

料理が嫌いじゃなければ選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

上記のように、「場の力」を借りて会話をすると、

コミュニケーションに自信がない男性でも恋愛関係に発展させやすくなります。

 

あまり「会話を上達しなくちゃ!」と焦る必要はありません。

 

口数が少なくても、堂々と気楽に構えているほうが女性にとっては居心地も良いからです。

 

 

ちなみに、女性との会話は対面していると緊張感が増します。

 

食事デートをする時など女性と向かい合うことは避け、隣同士で座りましょう。

 

今回お伝えしたことを以下のとおりまとめました。

 

■女性との会話の練習も大事だけど期待し過ぎは禁物

■自意識過剰で女性の反応を気にし過ぎていないか?

■「場の力」を借りて女性との会話を楽しもう

 

女性との会話が盛り上がらないからと言って、気にし過ぎるのも良くないです。

 

「口は災いの元」と言われるように余計な事を言わないことも大事です。

 

そのためには、会話の教材で勉強しておくと安心できます。

 

こちらの教材は、テンプレート化されているので便利です。

 

スーパー会話テンプレート~決まったセリフを言うだけで、かわいい女の子の感情を刺激し発情させ、自分から離れられないほどに心を開かせる会話術