彼女にコンプレックスを打ち明ける!さらけ出して器の大きい男になれ

あなたには「コンプレックス」がありますか?

 

恋愛に限らず、仕事も遊びもコンプレックスを抱えていて消極的になりがち。

 

そのような心当たりはありませんか?

 

 

コンプレックスのことをいつも悩んで一人で悶々としていて、

彼女にコンプレックスの事を打ち明ける勇気が出ないのもわかります。

 

でも、悩みは一人で抱えるよりも打ち明けてぶっちゃけるほうが

身も心もラクになりますよ。

 

そもそも、コンプレックスのない人間なんていないのですから。

 

 

昔から子供のお悩み電話相談というものもありますが。

 

身近な人に相談できない内緒の話に耳を傾けてくれてるというのは、

悩んでいる本人にとっては心の負担が軽くなります。

 

 

大人にとっても、そういう機会って大切なんですよね。

 

子供の電話相談のような形とは違いますけど、

今日はそういう話です。

 

 

コンプレックスを打ち明けた時の相手の反応

 

心の負担が減るとはいえ、

いざ、コンプレックスについて打ち明けようと決意したところで、

いったい誰に打ち明けるべきなのかって迷いませんか?

 

 

否定されるとか、ドン引きされるとか、

そんな心配も思い浮かんできますよね?

 

 

でも考えてみてください。

 

否定されてもドン引きされても命に関わることでしょうか?

 

悪口を陰で言いふらされて居心地が悪くなるとか、

たかだかそんな程度のものでしょう。

 

 

打ち明けたところでコンプレックスが受け入れられない。

 

そんな人間関係ならこっちから願い下げですよ。

 

ここで、今後も付き合う人間を選ぶ事ができます。

 

 

コンプレックスは打ち明けて、「自分の気持ちはこうだ!」って自己開示。

 

これができるようになると、女性が口説けないなんてこともなくなります。

 

 

 

コンプレックスや辛い過去、気持ち、悩みを打ち明ける勇気を

 

コンプレックスも人によって色々ありますよね?

 

私の場合は、頭がでかくてデコハゲで、ワキガで、

今は髭(ヒゲ)が濃いのもコンプレックスの一つです。

 

 

コンプレックスを打ち明けるといっても、面と向かっては言いにくいものです。

 

コンプレックスを打ち明けるダメな方法があります。

 

それは以下のような重々しい雰囲気を出してしまうことです。

 

■話したいことがある。

■意を決して相談したい。

 

 

打ち明ける相手もカウンセラーじゃないし、相談はストレスをぶつける行為です。

 

相手を選ばず重たい相談ばかりしていたら、あっという間に嫌われます。

 

「あいつ、疲れるから近づかんとこ・・・」って思われるのがオチで、

男性がコンプレックスや悩みを打ち明ける場合は特にそう思われやすいです。

 

 

私たち男は重々しく打ち明けたらだめなんです。

 

弱々しく相談事なんて、女性に対して簡単にしてしまってはいけません。

 

 

ブログでは、これまでコンプレックスの克服や卑屈な状態じゃダメと

お伝えしてきましたが、打ち明けることも解決策のひとつなんです。

 

 

ようは打ち明け方が大事だってことなんです。

 

 

女性と付き合う前でもデートでコンプレックスを打ち明けるには

 

コンプレックスを打ち明ける良い方法をご紹介します。

 

その方法は、話の流れでサラッと言ってしまうことなんですね。

 

コンプレックスの話題にできそうな時にサラッと。

 

 

私の場合は頭がデカい、ヒゲが濃い、デコハゲがコンプレックスなんです。

 

 

例えば、女性とデートして歩いているとしましょう。

 

ショップで帽子が陳列されていたら、あえて帽子を手に取り、

「頭がデカくて入らんw」と笑いに変えてしまうとか。

 

もしもスベッたら「シーン・・・w」って言うだけです。

 

いわゆる自虐ネタというものですね。

 

コンプレックスを打ち明けて、傷つく事を恐れてはいけません。

 

 

また、コンプレックスを打ち明けるのは言葉で示すだけじゃありません。

 

 

ヒゲが濃くてカミソリで毎日剃っていても青くなる悩みの場合。

 

万人受けしませんが、ヒゲの濃さをあえて無精ひげで示すのも一つの方法です。

 

髪型やファッション、その他の身だしなみをきっちり整えて、

全体的な清潔感があれば無精ひげもアクセントになるんです。

 

 

デコハゲの場合も同じ理屈です。

 

意図的に前髪をアップにしておでこを見せるとか、

もっと薄毛が進行したら坊主頭にするとか、コンプレックスをあえて表に出すんです。

 

 

どれもコンプレックスを打ち明けているのと同じだと思いませんか?

 

 

彼女ができないのは、コンプレックスのせいじゃない

 

このサラッと打ち明けることによるメリットは以下のようなイメージです。

 

■小さいことを気にする人

■ウジウジしてキモイ男

 

女性からそのようなマイナスに思われることを回避するメリットがあるんです。

 

 

気にしている人ほど隠したり話題をそらしたりするものですよね?

 

でもそれは自信が無い姿に見えてしまいがちなんです。

 

 

コンプレックスや劣等感は、言い訳の一つにもなってしまうんです。

 

いつもフラれるのは、体臭がきついから、ブサイクだから、体型が悪いから。

 

これは、コンプレックスが原因ではなく、

こんな卑屈な自分だから断られたのではないでしょうか?

 

 

他にフラれた理由があるかもしれないし、実際にそうかもしれませんが、

次からどうするか?という改善点の視野が狭くなってしまうんですよ。

 

 

だからいつまでも同じことに悩んで気にして、他のことに目が向かないんです。

 

 

あなたに彼女ができないのは、本当はコンプレックスのせいじゃないかもしれません。

 

 

コンプレックスを気にしている姿に見えていないか?

 

それを気にしてみると良い変化が起こるかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

コンプレックスで彼女ができない!

・・・と言ってないで堂々とさらけ出していこう。

 

コンプレックスを持っている人間がウジウジしていると、

相手も不快な気持ちになります。

 

意外と、周りの人間はあなたの事を見てないから

コンプレックスの気にしすぎはよろしくないw

 

コンプレックスを打ち明けることに抵抗をなくして、

サラッと打ち明ければ堂々としていられるメリットもあります。

 

 

下記に、コンプレックスを打ち明ける上でのポイントをまとめました。

 

■コンプレックスを打ち明けて、自分の気持ちを自己開示。

■打ち明け方はサラッと、時に自虐的な笑いに変えて。

■コンプレックスを気にする姿が気持ち悪い。

 

 

よくよく考えると、彼女ができなかったのは、

コンプレックスだけが原因ではなかったのだと思います。

 

こんな私と同じように悩める男性諸君の為に、

社会人男性が初めての彼女を作るための恋愛お悩み相談を始めました。

 

 

悩み相談をしても、あなたのコンプレックスが治るわけではありませんが、

モテるようになって彼女ができるようにはなるかもしれません。

 

メールアカウントを用意して、あなたからの相談お待ちしております。

 

メールアドレス

 

また、LINEでのお悩み相談もご要望に応じて開始しようと検討中です。

 

お気軽に連絡してきて下さいね!