低収入だからモテない?いつ抜け出すかはあなたの努力次第

「低収入なので、自分よりも稼ぎの良い女性に対して劣等感がある・・・。」

 

「モテないのも、きっと低収入なのが原因だろう。」

 

同窓会や合コンで職業の話題になるといつも肩身の狭い思いをしている。

 

というように、

あなたは低収入をコンプレックスに感じていませんか?

 

 

しかし、低収入なんてのは、コンプレックスですらありません。

なぜなら、本人の努力次第でどうとでもなるからです。

 

 

そんな偉そうに語っている私ですが、

数年前まで低収入の会社員として働いていました。

 

その会社では残業代がカットされるのが当たり前、

わずかながら年に一度給料が上がるものの、

親会社の業績によってボーナスまでカットされることもありました(笑)

 

ただでさえ同い年のサラリーマンと比較しても低収入なのに、

入社当時の給料と大した差が無い状況が続きました。

 

その後、私は給料の安さに我慢できず会社を辞め、

独立して個人で仕事をする道を選びました。

 

しかし、会社を辞めるまでの間に準備しておくべきだった・・・。

という後悔した部分もあります。

 

 

もしかしたら、あなたも収入をあげる為に、

転職や起業に興味があるのかもしれません。

 

 

そうだとしたら、

上手に準備を進める方法があれば知りたくありませんか?

 

収入を上げる方法というのは、たくさんありますが、

この記事を読む事で、あなたの収入アップに繋がれば幸いです。

 

 

低収入を脱出するために残業を増やすのは間違い

 

「低収入を何とかしたい・・・」と思い立ち、

サラリーマンがお給料を増やす場合。

 

残業をたくさんして、

残業代で手取りの金額を増やすことを思い浮かべる人が多いです。

 

しかし、会社側は社員に対して、

積極的に残業して欲しいわけではない。

 

 

残業代として社員に支払える金額にも限界があります。

 

 

ですから、時間を効率的に使い、業務時間内に仕事を片付け、

勤務終了後は自分のための時間を確保するのが健全な働き方です。

 

また、残業代ではなく給料アップを目指す場合、

昇格試験などがあればベースアップを狙うという考え方もありますよね?

 

しかし、昇格しても満足できるほどの収入増加は期待できないでしょう。

 

 

昇格試験に合格したからといって、収入がアップするとは限らない。

 

 

責任が増えるばかりで、自分の時間を失うきっかけになる心配さえあります。

 

会社での出世を目標にすることも大切なことですが、

収入面での変化を求めるのであれば、会社の外に目を向けるほうが

収入を増やすための選択肢が多いことに気付くはずです。

 

 

つまり、

受け身で、会社から与えられるのを期待するだけではなく、

自分から勝ち取りにいく姿勢が収入を増やすためには必要です。

 

会社にいるうちに自分の価値を高める努力を

 

残業代も給料のベースアップも期待できない。

 

そんな話をしましたが、

低収入のサラリーマンはどうすれば良いのか?

 

 

それは、自分の価値を高める努力をすること、です。

 

 

会社の仕事に役立つことでも良いですし、

目指すべき転職先や起業に必要なスキルの習得でも良いです。

 

自分の価値を高めれば収入は後からついてきますので、

今いる会社を最大限に利用するつもりで働くことをおすすめします。

 

会社でまじめに働いていれば給料は支給されますし、

業務終了後の時間の使い方は、個人の自由ですよね?

 

 

本気で勉強をするなら、

多少時間がかかっても会社からお給料が安定して支払われる、

という環境は活用すべきです。

 

 

私は会社を辞めてから気付きましたが、

会社にいながら得られたであろう知識やスキルもあったように思います。

 

起業してから壁にぶつかって、その必要性に気付くこともありますが、

ほとんどは勉強を後回しにしてきたことが多い気がします。

 

 

ですから、低収入だからといって、

さっさと仕事を辞めてしまうというのはもったいないです。

 

転職や起業することを前提としていても、

それに必要な準備は念入りに、

虎視眈々と低収入脱出のチャンスを待つことをおすすめします。

 

 

低収入から抜け出す転職や起業のための準備

 

転職や起業に必要な準備を進めるというお話をしました。

 

そこで、具体的に何をすれば良いのか?というお話をします。

 

 

私からの提案は、

自己成長とそれに必要な時間管理と体力づくりです。

 

 

これらは、会社員として働いている間に目標を決めて実践し、

転職や起業のタイミングまでに達成しておくべきものだと実感しています。

 

自己成長のために必要なこと

 

仕事以外のプライベートな時間の中で、

目指す分野に関することを学び自己成長します。

 

自己成長といってもジャンルによって様々ですが、

・必要な資格やスキルの把握

・読書

・塾やセミナーへの参加

・資格取得やスキルの習得

などがあります。

 

正直なところ、必要な情報を調べるためには、

インターネットを使えばほとんど無料で調べることも可能です。

 

 

しかしながら、

何でも無料で情報を集めようとすると自分で調べることが増えますし、

正しい情報を掴めているかも分からず不安が増すこともあります。

 

 

自己成長のためには、ある程度の支出を覚悟し、

塾やセミナーなどに参加し、関連する情報をまとめて得るのをオススメします。

 

塾やセミナーの主催者に質問することも可能なので、

全くの独学よりも自己成長のスピードは速くなるハズです。

 

時間確保の面で問題がある場合

 

自己成長のために使う時間を確保する必要があります。

 

そのためには、時間を管理することが大切です。

 

趣味や人付き合い(家族・友人・同僚など)も期間限定で自粛し、

勉強や技術の習得に集中することも必要です。

 

「会社の仕事が忙し過ぎて勉強する時間が無い」

という方がいますが、時間を捻出しないかぎり

変化を起こすために必要な自己成長が滞ります。

 

その間は、低収入のままで我慢するしかありませんよね?

 

 

「時間がない!」というのは簡単なことですが、

シングルマザーや親の介護などをしながらスキルを磨く人もいます。

 

 

時間が無い・・・、で、どうするか?

という建設的な思考で準備を進めることがコツです。

 

体力の面で問題がある場合

 

自分の価値を高める、という点では

健康で病気になりにくい安定した働きっぷりも重要なポイントです。

 

体調を崩しがちで仕事を休むことが頻繁にあるという場合。

 

体力に問題があるかもしれません。

 

「くたくたになるまで働いているので体力が無い」

という言い訳をしていても体力が増えるわけではありません。

 

先ほどお話した、時間確保の問題についても、

体力さえつけてしまえば活動時間は増やせますので一石二鳥です。

 

お金をかけてジムやスクールに通わなくても、

自宅に居ながらトレーニングをすることも可能ですし、

家の周りをジョギングすることから始めるというのも一つの方法です。

 

しっかりと運動した後は、

十分に睡眠をとることで少しずつ体力をつけることが可能です。

 

体力は温存しても増えることはありませんので、

自分の価値を高めるためにも、運動することをおすすめします。

 

まとめ

 

収入を増やすための準備は、人によって様々な方法がありますが、

広い意味で考えると「自分の価値を高める」という点で全て一緒です。

 

今の会社で十分に活躍できていない場合、

転職や起業しても活躍できる可能性は低いです。

 

勇気を出して会社を辞めることを決断したのに、

現状よりも生活環境が悪化するかもしれません。

 

なので、

可能な限り活躍できる可能性を高める努力を、

今の会社で働いている間にとことんやっておくのをおすすめします。

 

今回お伝えしたいことを以下のようにまとめました。

 

■残業せずに自己成長のための時間を確保する。

■転職や起業を目指しつつ、会社で自分の価値を高める。

■自己成長にはお金をかける。

■趣味や人付き合いを減らすのは期間限定と割り切って時間確保する。

■体力をつけてしっかりと働けるカラダにする。

 

低収入だから節約してお金をかけずに勉強する、

というのは間違った考え方です。

 

無料で学べるとか、独学でスキルアップとか、

サクサクと自己成長できるのであれば、

すぐに低収入から脱出しているハズですよね?

 

お金を払って満足してしまうのも問題ですが、

自己成長のためにお金を支払うことにケチケチするのはもっと問題です。

 

将来のために、今日から勉強を始めてみませんか?

 

目に見える形で実力をつけるには、

資格を取得して知識や技術を身に付けることをオススメします。

 

ケイコとマナブ.net