コンプレックスが多すぎる男は気にしすぎ!卑屈になってる場合じゃない

コンプレックスが多すぎる男はモテないと言われています。

 

「コンプレックスだらけで生まれたのが運のつき。だから女性にモテないんだ。」

 

そう勝手に決めつけて卑屈になっている、そこのあなた。

 

 

コンプレックスばかりなのは、両親や祖父母のせいだと恨んでいませんか?

 

あるいは、運命のイタズラとか神様のせいにしていませんか?

 

 

コンプレックスだらけなのは他でもなく、

あなた自身がコンプレックスを増やした結果なのです。

 

さらに、気にしすぎな考え方によってあなたは卑屈になりモテないのです。

 

その理由を解説したいと思います。

 

 

コンプレックスは気にしすぎることで無限に増えていく。

 

人は誰でも容姿や身体的特徴、能力、性格、境遇が異なります。

 

親や兄弟、友人、知人、同僚などの身近な人々がいて、

誰でも当然のように比較する、比較されながら大人になっていきますよね。

 

 

コンプレックスは、比較による結果、

気にしすぎることで無限に増えていくものなのです。

 

 

コンプレックスを増やしているのは他でもない、あなた自身なのです。

 

 

コンプレックスは誰にでもある。誰かと比較して卑屈になっている時間は無駄。

 

何かに秀でた、分かりやすい長所のある人はとにかく目立つ存在です。

 

■仕事が速くて頭も良い高給取りのビジネスエリート。

 

■力が強くて動きも速い運動神経抜群のスポーツ選手。

 

■スタイル完ぺきで顔もカッコいい俳優やモデル。

 

しかし、そんな彼らも出来ることより出来ないことのほうが多いです。

 

コンプレックスは程度の差こそあれ、誰にでもあるものです。

 

あなたもご存知のとおり、世の中そんな輝いた人ばかりではありません。

 

 

輝いて見えるのも、一部の側面に着目しているからです。

 

 

その側面に気付かない人にとっては輝きが見えないこともあります。

 

誰でも自分が持っていないもの、できないことを気にするのは簡単なことです。

 

できることよりもできないことの方が多いのですから。

 

 

一部の側面にばかり着目し、

誰かと比較して気にしすぎて卑屈になっている時間は無駄です。

 

 

人生はそんなに長くないかもしれませんよ。

 

問題なのは、コンプレックスで卑屈になるというリアクション

 

自分の評価や評判、ウワサなど。

 

時には人格を否定するような発言を耳にすることもあるかもしれません。

 

 

しかし、あなたがそれを聞いたとして卑屈になっても他人の意見は変わりません。

 

あなたが選択したリアクションがコンプレックスに変換しているだけなのです。

 

 

他人がどう思っているかは関係ありません。

 

 

卑屈になるというリアクションを選択する男を女性は非常に嫌います。

 

多かれ少なかれ女性は男性に守られたいと思うからです。

 

コンプレックスが多いとか少ないとかではありません。

 

リアクションの問題なのです。

 

 

人は自分のことばかり考えていて、他人のコンプレックスなど気にしない。

 

さらに、あなたも含めて人は自分のことばかり考えているものです。

 

他人のコンプレックスなど気にしていません。

 

いちいち、あなたのコンプレックスの悪口を語るほど他人も暇ではありません。

 

 

あなたは、コンプレックスに対して自意識過剰になっているだけです。

 

 

それなのに、

自らコンプレックスを増やして卑屈になることに何の意味があるのでしょうか?

 

あなたさえ気にしなければ、卑屈になることはありませんし、
もはやそれはコンプレックスではありません。

 

このまま女性にモテなくても良ければ、大いに気にして卑屈になってください。

 

でもそれが嫌だから、あなたはコンプレックスについて調べているのだと思われます。

 

 

今日からコンプレックスなど気にせず、前向きに過ごしましょう。

 

 

まとめ

 

こんなに偉そうに言う私も、昔はコンプレックスが多すぎる男でした。

 

何でもかんでも他人と比較しては落ち込み、へこみ、時に嫉妬していました。

 

コンプレックスで卑屈になる方の気持ちは痛いほど分かっています。

 

 

今回お伝えしたいことを以下のようにまとめてみました。

 

■コンプレックスを気にしすぎて増やしているのは自分自身

■コンプレックスは誰にでもある。

■誰かと比較して卑屈になっている時間は無駄。

■問題はコンプレックスで卑屈になるというリアクション。

■他人からの評価や評判、意見、ウワサなどは関係ない。

■気にしなければ、卑屈になることはない。

 

過去の私と同じように、

分かっていても気にしてしまうあなた。

 

私のメルマガを読んでみてはいかがでしょうか?

 

あなたのコンプレックスを解消する事はできませんが、

コンプレックスがあっても楽しく過ごせるヒントを得て彼女ができるかもしれません。

 

きっとあなたも、これまで卑屈になっていた日々がいかに無駄だったか、
今後どうやって行動すれば良いのかを理解することができます。

 

あなたの購読をお待ちしています。