タイプじゃない女性にばかり好かれる!片思い女を無駄にしない方法

そんなつもりじゃなかったんだけどな~・・・。

 

いつもタイプじゃないブスな女性にばかり好かれてしまう。

 

本命のあの子は全く振り向かないのに、
理想と現実のギャップに絶望感を覚え始めてきた。

 

好みじゃないけど無下に扱うのも嫌だし、
だからと言って彼女にしたいとは思わない。

 

虚しさとやるせない気持ちでモヤモヤしている。

 

 

 

これは片思いの恋愛あるあるですね(笑)

 

 

タイプじゃない女性にばかり好かれてしまう、
そのような悩みを抱える男性がいます。

 

しかし、これは一部の女性に好かれる魅力があるので、
他の女性にも好かれる可能性があると言えます。

 

どんなブスでも美人でも、
あなたに興味を示しているのであれば大事にしましょう。

 

タイプじゃない女性に好かれるのは無駄じゃありません。

 

そこから出会いを広げる方法があります。

 

 

タイプじゃない女性に言い寄られる原因と片思い対策

 

そもそも、

タイプじゃない女性に言い寄られる原因は、

その女性にとって男としての魅力を与えているからです。

 

具体的には、

マメだとか、優しいとか、褒めてあげるとか。

 

 

逆に、気になる女性に限って片思いばかりになってしまう

それにも原因があります。

 

例えば、

どんな女性に対しても同じようにアプローチをする、

そのような場合、同じ方法が通用しない女性もいるわけです。

 

「女性はみんな優しくすれば喜ぶだろう」

「レディーファーストでいけばオッケー」

 

このようなワンパターンなアプローチです。

 

「優しい男ばかりでつまらない」

「レディーファーストなんて恥ずかしい」

 

という逆効果な女性もいます。

 

 

また、その他に考えられる片思いの原因は、

本命の女性に限って思い切った態度が取れないパターン。

 

女性に気を遣って無難な態度になってしまい、

緊張して踏み込んだ冗談も言えないので

退屈だと思われてしまう、そのようなイメージです。

 

 

これらは、恋愛経験を積み重ねれば改善しますが、

その過程で「ブスでは何だか物足りないな~」

という壁みたいなものにぶつかる時期がやってきます。

 

 

タイプじゃない女性に好かれる男が取るべき行動パターン

 

 

私はこれまでモテない男から脱却するために、

できるだけ多くの恋愛経験を積むことをおすすめしてきました。

 

コンプレックスを抱えている場合、

恋愛経験を積んで自信をつけると改善につながるからです。

 

その考え方は変わりませんが、

ある程度の恋愛経験を重ねていくと自分自身が成長するので、

タイプじゃない女性に言い寄られることも経験します。

 

片思いされてる女性のことは、迷惑ではないけれど

彼女にしたいとは思わない。

 

その時間があれば上のレベルの女性と恋愛したい、

そう思う時期がやってきます。

 

好かれていると思ったら単なる勘違いだった、

というのはサブいですが(笑)

 

向こうからデートの誘いが多くて、

ホテルで二人っきりになる機会も簡単に作れる、

「〇〇くんだったら全然いい」(なぜ上から目線?w)

というような、

 

だけどまったくと言っていいくらい、その女性に興味が無い。

 

そのような場合は、

 

1.恋愛経験を積むために付き合ってみる。

2.女性の持つ人脈を「深堀り」する。

3.切り捨てる。

 

という3つの行動パターンがあります。

 

基本的におすすめは1の恋愛経験を積むことです。

 

妥協してでも恋愛経験を積むことは価値があります。

 

男一人では入りにくいオシャレな店もありますし、

新しいデートスポットも積極的に開拓できます。

 

しかしながら、どうしても苦痛な場合に限り、

2の女性の持つ人脈を「深堀り」する

という選択をするのもありだと思います。

 

タイプじゃないのに猛アタックしてくる、

というのは迷わず3の切り捨てるという選択になります。

 

一部のモテる女性も男に対して同じことをしていますので、

罪の意識を感じる必要は無いと思います。

 

 

タイプじゃない女性は「振る」のではなく一緒に「遊ぶ」

 

 

タイプじゃない女性のことを邪魔者扱いする必要はありません。

 

むしろ、仲の良い女性がいることは良い事です。

 

「据え膳」ではありませんが、

男は好きじゃない女性とも体の関係になれます。

 

だからといって、体の関係だけにしておくような

遊び相手にすることは、リスクがあります。

 

 

女性の恨みは恐ろしいもので、

「責任とってよ!」というような

時には簡単に縁を切ることが許されない場合もあります。

 

そうなるくらいなら、始めからそのような女性とは

人脈を広げることを目的に「友達関係」になりましょう。

 

 

具体的には、

イベントを開催する時の女性メンバーとして誘う

飲み会を開催して他の女性と出会うきっかけにします。

 

合コンのオファーをするのであれば、

こちらも女性が新しい男と知り合うきっかけになるよう、

新しい男性メンバーを用意する必要があります。

 

そして、飲み会で別の女性と交流を深めて

男女ともにメンバー総入れ替えで飲み会を開催し、

新しい人脈を「深堀り」します。

 

ブスがブスを呼んできた、という場合がほとんどですが

何度か「深堀り」すると好みの女性に出会うこともあります。

 

その時に初めて、人脈を「深堀り」するのを中断します。

 

 

ただし、

「深堀り」する場合は、特に誠実な大人の対応が重要です。

 

あくまでも女性はみんな友達でつながっているので、

評判が悪くなれば人脈の全てが台無しになります。

 

これは合コンなどで仲良くなった女性もそうですし、

婚活アプリやSNSで知り合った場合も同じです。

 

 

一人の女性と出会い、

ブスだったら「はい、さようなら」というのはもったいないです。

 

 

上記のように新しい人脈を「深堀り」する、

という選択肢があれば無駄もなくなると思います。

 

 

出会った女性の人脈を「深堀り」するメリット

 

 

最後に、タイプじゃない女性の人脈を「深堀り」して、

男の価値を高める方法について解説します。

 

先ほど、飲み会を開催するという例を挙げましたが、

参加者の多いバーベキューやお花見などのイベントもオススメです。

 

タイプじゃない女性をきっかけに女性側の人脈を広げますが、

女性同士で面識がないこともあります。

 

 

そのような場で、色んな女性の友達と仲良くしていると、

本命のような女性に対して「あの人ってモテるんだ」という

男の価値を高めてより良く見せることも期待できます。

 

また、男から興味を持たれている女性からすれば、

「あの女って誰なの?彼と親しそうにして、むかつく」

という嫉妬心を呼び覚ますきっかけになるかもしれません。

 

 

男の仲間からも妬まれるかもしれませんが、

普段から飲み会などに招待していれば問題ないと思います。

 

私の友人男性はかつて流行っていたSNSで知り合った女性と

あるアニメのオフ会を開催して同じような状況を作っていました。

 

女性に「付き合ってるの絶対内緒だからな」と言って

結局ばれていました(笑)

 

 

ネットも普及していますし、

噂はすぐに広まりますので、くれぐれも誠実が一番です。

 

 

上記の方法は、ネットもリアルも関係なく、

出会いを増やす方法として有効なのでおすすめです。

 

 

まとめ

 

 

タイプじゃない女性とも友達になることで、

出会いや恋愛のきっかけを増やすことにつながります。

 

「今日の合コンはブスばっかりだな~」

と文句を言う男もいますが、本当に浅はかです。

 

 

まずは友達になり、そのタイプじゃない女性から好かれましょう。

 

 

今回お伝えしたことを以下のようにまとめました。

 

■片思いばかりなのはワンパターンなアプローチが原因

■恋愛経験を積めば本命の女性からも好かれるようになれる。

■ブスでも美人でも出会いのきっかけを無駄にしない。

■タイプじゃない女性と恋愛経験を積むのが苦痛なら人脈を深堀りする。

 

片思いばかりで本命とうまくいかない、

という場合は女性に対するアプローチがズレているかもしれません。

 

女性が男のことを魅力的に感じるアプローチは、

全部で13種類あります。

 

 

これを知っているだけでブスと恋愛経験を積むことも

ショートカットして一気に本命の女性を彼女にできます。

 

 

私も半信半疑で何度も迷いましたが、

こちらの塾で学ぶことで恋愛の全貌が分かりました。

 

興味のある方は、コチラの関連記事をどうぞ↓