女性にメールしても無視される!重くならない恋愛の方法で解決しよう

はあ、また無視か・・・。

 

女性にメールしても、俺はいつも無視されてしまう男。

 

 

会っている時に見せた、あの笑顔は何だったの?

 

もう何も信じられない!

 

 

女性がメールを無視するのは原因があります。

 

もしかすると、あなたは女性に「重い」と思われているのかも。

 

今回は、「重くならない恋愛の方法」について解説します。

 

女性にメールしても無視される!「重い男」というレッテル

 

メールを無視するあの女は性格が悪いからダメだ。

 

デートをドタキャンするとは何事か!

 

もう恋愛なんてやーめた!

 

 

女性と上手くコミュニケーションできずに、
女性のことを否定したり、イライラする男性がいます。

 

 

しかし、本当に悪いのは相手の女性なのでしょうか?

 

女性の立場では、そんな男性に「重い男」というレッテルを貼っているかも。

 

女性にメールを無視されるような男性の場合、
知らず知らずのうちに女性が逃げたくなる言動をしています。

 

女性が逃げたくなる「うざい重い男」の言動とは?

 

つまり、女性心理を理解していない男性の方に原因があるということです。

 

 

例えば、女性に冷たい態度をされた時。

 

「こんなに想っているのに。」

 

そう思ってしまった時は要注意。

 

女性とあなたの間で好意の温度差が発生しています。

 

 

本気過ぎる

 

そんな時の女性に対する男性の言動は、「重い」と思われがちなのです。

 

■デートの終わりに告白した。

■バレンタインデーのお返しに高価なプレゼントをした。

■LINEが返ってこないことを心配してメッセージを連投

 

良かれと思った男性の好意が女性に「重い」と思われて振られる原因になります。

 

 

だけど女性は、怖いので面と向かって男性に「うざい」とは言えない。

 

ですから、

男性からの好意を受け止められない場合、

女性はラインなどの連絡を断って「重い」と感じていることを伝えます。

 

この状態を繰り返す限り、女性と恋愛関係に発展するのは難しいです。

 

 

恋愛は二人でするものです。

 

当たり前のことだと思うかもしれませんが、
女性のことを好きになってしまうとそれを忘れてしまう男性がいます。

 

重くならない方法で恋愛関係を進めるには?「ポップでライトに」

 

恋愛は、いかに「重い男」だと女性に思われないようにするかが腕の見せ所です。

 

好意とは恋愛にとって重要なポイントであり、

伝え方を間違えると良かれと思った行動でも逆効果になってしまう。

 

 

では、重くならない方法で恋愛関係を進めるにはどうするか?

 

キーワードは、「ポップでライトに」です。

 

 

女性は星の数ほどいるので執着する必要はない

 

マジメで誠実な男性ほど、

このようなモテる男が共通して持っている考え方をしていないことが多いです。

 

「重い男」は女性と付き合う前から一途になってしまいがちです。

 

一人の女性に対して「好意丸出し」で本気度100%。

 

 

でもそれは、相手の女性にとっては関係の無いことです。

 

むしろ、

美人で可愛い魅力的な女性の周りには常にたくさんの男がいるものです。

 

しかも、女性はその男たちを点数やランク付けしていたりします。

 

 

例えば、

 

女性の好意が全部で100%だとすると、

A君に50%、B君に30%、あなたに20%という配分ということだってある。

 

ですから、そんなあなたから100%の好意を示されても困るわけです。

 

 

これは極端な例ですが、

男性が完全に暴走しているとしか言いようがない。

 

「重い男」と思われないために、以下のように好意の伝え方を工夫しましょう。

 

好意の伝え方!「下心見え見え」ではなく「ほのめかす」

 

男性が女性に好意を伝える時、「下心見え見え」になってはいけません。

 

「好きなんだから仕方ないじゃないか」

そう思う方もいるかもしれませんが、これは「商売」と同じようなイメージです。

 

商品の需要が高まると価格が高騰するように、

その商品の販売者はお客さんの足元を見て価格を吊り上げます。

 

 

好意が全開でわかりやすい男性は、女性のほうが恋愛の主導権を握りやすくなる。

 

それは、ほとんどの場合が悪い結果になりやすいのです。

 

女性が警戒するとか、迷惑に感じて避けるとか、金品を貢がせるとか。

 

少なくとも女性にとっては魅力的な男性とは思わないようになる。

 

 

相手がどんなにタイプの女性だとしても、

好意の出し方は本気度が伝わらないように「ほのめかす」くらいに抑えましょう。

 

そのためには、上記で解説したとおり「ポップでライトに」。

 

「〇〇は、年下の男たちにモテそうだよね~」

「〇〇って愛人っぽいよね(笑)オジ様が放っておかないだろ」

「〇〇みたいな女が彼女だったら男は心配するかもな」

「ざんねんだな~〇〇も来れば盛り上がるのに」

 

※〇〇は女性の名前

 

女性を褒める時は、このように「タラレバ」で間接的に好意を伝えると重くなりません。

 

「今から食事行こうぜ?臨時収入があったから〇〇にご馳走しちゃうよ」

「(自動販売機の前で)おいちょっと待て〇〇、好きなのおごってやる」

「さっすが〇〇~。気が利くね(ひじで軽くツッコみ)」

 

好意を男性が態度で示す時に理由を作ったり、男らしく堂々とするのも良いです。

 

ボディタッチを軽く織り交ぜつつ、

女性の名前を会話に入れることで、お互いの距離が縮まります。

 

 

下心ではなく、「単純に気分が良い」という雰囲気が爽やかな印象につながります。

 

人は好意を受け取ると、何かしらの方法で返したくなるものです。

 

小さなことですが、これらの方法ならデートや食事の誘いも成功しやすくなる。

 

ですから、

男性が上手に好意を伝えれば、メールを女性が無視することも無くなるハズです。

 

まとめ

 

女性に好意がバレバレの男性はもったいないです。

 

上記の方法を使って、ポップでライトに女性の気持ちを温めましょう。

 

今回お伝えしたことを以下のとおりまとめました。

 

■うざい好意から逃げたくなる「重い男」になってはいけない。

■上手な好意の伝え方は「ポップでライトに」がポイント

■「下心見え見え」ではなく「ほのめかす」と重くならない

 

重くならない恋愛の方法をお伝えしました。

 

重い男になってはいけないと言っても、

好意を隠し過ぎるのもそれはそれで問題があります。

 

バランスが大切であり、これは恋愛関係を長続きさせるためにも重要です。

 

好意の出し方に興味があれば、こちらの恋愛教材はかなり役立ちます。

 

戦略的に立ち回り、自分に興味がない女性を振り向かせる方法