彼女の出会い方を知りたい社会人必見!忙しくても彼女を作る方法

えっ?お前、彼女いるの!?

 

 

職場の同僚に彼女ができたことが発覚!

 

 

男同士で遊んでいたのに、この裏切り者め~!!

 

本音では、彼女を作りたくても「出会い方」がわからない。

 

だけど悔しくて同僚には相談したくない。

 

 

社会人になると忙しいし、時間も無いし、めんどくさい!

 

 

こんなわがまま男でも彼女を作る方法はないのかな?

 

・・・って都合よすぎるよね?(汗)

 

 

「社会人になると出会いがない」と口癖のように話す男がいます。

 

しかし、忙しくても彼女とラブラブな男もいるわけで。

 

モテないまま言い訳していても、損するのは自分だけです。

 

 

だから指をくわえて羨ましがっている場合ではありません。

 

 

くだらない言い訳する暇もなく、彼女と出会ってしまう方法をご紹介します。

 

忙しくても本当は彼女を作るための時間がある

 

仕事場と自宅の往復を続ける毎日なので出会いがない

というのは単なる言い訳に過ぎません。

 

むしろ、自分からそのように選択しているので

彼女が出来なくても不思議ではありません。

 

 

時間が無いと言う人に限って、

休日は爆睡したりしている。

 

スマホにはゲームアプリがたくさん入っていて止められない。

 

 

ですが、そのような時間を少しだけ減らすだけでも彼女は作れます。

 

もしも、このまま同じ生活習慣を繰り返し、ウカウカしていると
遊び仲間の同僚も先に結婚して、ますます一人ぼっちです。

 

彼女の出会い方で社会人におすすめなのは婚活アプリ

 

彼女が欲しいし、いつも一人なのは寂しい。

 

だからといって、職場恋愛する勇気はない。

 

 

そのような社会人男性におすすめなのは「婚活アプリ」です。

 

なぜなら、

リアルの出会いよりも手軽だからです。

 

 

具体的なオススメの理由を挙げると、

合コンや婚活パーティーよりもお金がかからないこと。

 

リアルの出会いは、せっかく時間を調整して参加しても、

気の合う女性が見つからないこともあります。

 

 

その点で婚活アプリは、
共通の趣味の女性も簡単に見つかるので、

比較的カップル成立もしやすくなるわけです。

 

もっと言えば、

お昼休みにお弁当を食べながらでも、
スマホを使ってスキマ時間に彼女を作ることができます。

 

 

まさに「忙しい社会人向け」の彼女の出会い方と言えます。

 

 

婚活アプリって本当に出会えるのか?

出会っても彼女が出来るのか?

 

そのように、始める前から失敗する事を考えていても仕方ありません。

 

 

やって損をする事はありませんので、

今すぐにでも始めるべきなのです。

 

婚活アプリは月額料金設定のものがおすすめ

 

しかし、婚活アプリは残念ながら無料ではありません。

 

無料で利用できるプランがあっても、

使用できる機能に制限があって使い物にならず、

結局は料金を支払うので有料のものだと割り切った方が良いです。

 

 

では、実際いくらくらいの料金がかかるのか?

 

 

私が活用している婚活アプリの料金を例に挙げてみます。

 

一括払いなど決済の方法によって料金に若干差がありますが、

 

ペアーズは月額3,480円~(※毎週末に割引キャンペーンあり)

ヤフーパートナーは月額2,053円~3,519円

ブライダルネットは月額1,700円~3,980円

ウィズは月額1,800円~3,900円

 

余裕を持って6か月くらいのプランで登録すると、

どの婚活アプリでも月額2,500円くらいが料金の目安になると思います。

 

その都度、課金するタイプの婚活アプリもありますが、

参加者の質がイマイチなのと細かな料金がかかるので、

お金の管理がしにくいことから、あまりおすすめしません。

 

 

リアルの出会いと比較すると、

合コンに1回参加するだけで5,000円くらい必要ですし、

連絡先の交換も多くて4人くらいです。

 

無制限で色んな女性にアプローチできることを考えると、

上記の婚活アプリの月額料金設定は良心的だと思います。

 

婚活アプリのプロフィールと写真の撮り方

 

ここからは、婚活アプリの登録と女性と出会うまでの流れを解説します。

 

 

まず第一に、「誠実最強」ということです。

 

ネットで顔が見えないからと言って、

プロフィールを適当に作ったり、ウソの年収で女性を騙してはいけません。

 

また、プロフィールの項目は全部回答しておくと印象が良いです。

 

 

顔写真も別人で登録する不届き者がいるようですが、

男女問わず、実際に会った時に人間性を疑われて一発アウトです。

 

より良く自分を見せたい気持ちは程々にして、

なるべく自然体に近いプロフィール写真を撮影しましょう。

 

そのためには、
タイマー設定をして撮影し、カメラ目線では無い写真がおすすめです。

 

男の自撮り写真は非常に気持ち悪いので、

試しに比較してみると良いかもしれません。

 

婚活アプリでは日記を書いて自分の価値観を表現する

 

婚活アプリも色んな種類があります。

 

真剣に彼女と出会うことを望むのであれば、

複数の婚活アプリを同時進行で展開することをおすすめします。

 

 

また、

婚活アプリの日記を書く機能があれば、ぜひ活用しましょう。

 

 

婚活アプリは登録すればオッケーだと思っている人もいますが、

より多くの女性に自分の存在を知ってもらう工夫が必要です。

 

日記を書く理由は、女性に自分からアプローチするよりも、

女性が気になってアプローチしてくれる方が印象も良いからです。

 

 

日記の内容としてNGなのは、

生活感丸出しの痛々しいオヤジが書いたような日記です。

 

例えば、

世の中に対する不満をボヤいたり、どうでもいい食事の内容だったり、

「いい人いないかな~」的な気持ち悪い心の声などです。

 

 

女性が興味を持つための日記として書くべきことは、

前向きで芯の通った男であることを表現する内容です。

 

具体的には、

 

・サッカー日本代表が頑張っているし、俺も仕事を頑張る。

・喫煙者たちがアイコスに移行しても、アイコスはもっと煙が臭いw

・またか、できないならできないなりに努力すべきだと思う。

・ビール一杯でもう眠たい。コスパの良い体質に感謝。

 

といったような、共感を得て価値観が伝わるように

テーマというかお題を決めて1,2行の短い日記を書きます。

 

 

このような女性から反応がありそうな日記を投稿し、

あとは興味を持つ女性が現れるのを待つだけです。

 

1日数分で投稿できるので、負担が少ない上に

女性に対して自分の考え方を半自動的に伝えることが可能です。

 

 

女性から「いいね」のようなリアクションがあるので、

その女性に対してコミュニケーションを取っていきましょう。

 

婚活アプリで気をつけることや立ち振る舞い

 

最後に、婚活アプリでの「立ち振る舞い方」を解説します。

 

婚活アプリでは、焦らず慌てず素直な姿勢が大切です。

 

気をつけることは、

 

すぐに女性と会おうとする。

長文のメッセージをどーんと送る。

焦って連絡先を聞こうとする。

いきなり馴れ馴れしい。

 

これらは、女性が幻滅する行動です。

 

最初は敬語や丁寧語で「さん付け」で女性とやり取りし、

数回のやり取り後に敬語や丁寧語から抜け出す提案をします。

 

そして、共通の話題からお互いの話をする流れに持っていき、
最終的には恋愛話で盛り上がりましょう。

 

 

実際に会うまでの期間は女性ごとにマチマチですが、

1カ月も経たないうちにデートの約束を女性から提案されます。

 

LINEなどの連絡先を交換して、

通話機能を使って仲を深めて初デートに臨みましょう。

 

まとめ

 

忙しい社会人の彼女の作り方は、婚活アプリがおすすめです。

 

女性もネット恋愛に対する抵抗がかなり少ないですし、

活用しないのは非常にもったいないです。

 

今回のお話を以下のようにまとめました。

 

■食事中のような隙間時間でも婚活アプリで彼女は作れる。

■婚活アプリでの立ち振る舞いを身に付けよう。

■連絡先を交換して女性とデートをする。

 

リアルの出会いも悪くないですが、
気の合う女性を見つけることで苦労することもあります。

 

婚活アプリも本当に出会えるのか微妙だとか、

一人で活動するのが不安だとか、
出会っても付き合えなきゃ意味がありません。

 

共通点のある人が集まったグループで交流できて、
他のマッチングサービスよりも女性が多い。

 

上記の課題を解決している婚活アプリは、

こちらになります。



【Pairs】(R18)