ケチで嫌われる男と節約しながらモテる男の違いとは?

浪費をしない男性は女性ウケすると言われ、
節約して無駄遣いはしないようにしている。

 

そんなオイラが女性と食事デートをすることになった。

 

オイラの自慢の節約マメ知識を紹介して、
女性も興味津々のように見えていた。

 

 

今日の服も学生の頃に買ったお気に入りだ。

 

食事の会計はもちろん割り勘で!

 

ところが、
デートの後から女性とは音信不通。

 

 

えっ?いったいなぜ・・・。

 

 

上記のような初歩的ミスを犯した、田舎の友人がいます(笑)

 

節約できる男はしっかりしている反面、
度を超えるとケチだと思われます。

 

 

ケチは女性ウケどころか嫌われる原因。

 

 

節約家とケチの境界線が分からない!

そんなあなたは、節約するポイントを間違っていませんか?

 

節約するべきではないものを節約すると、
損をしてしまうこともあります。

 

ケチでドン引きされるくらいなら目の前の出費は惜しまない

 

同じ服ばかり着ていて節約のつもりだったのに、

女性から見れば不潔で体臭が酷くてケチな男。

 

ドン引きだし、

おまけに流行遅れでダサいので恋愛対象外!

 

そんな女性のリアクションですが、

これは望んでいるものではないので

間違った節約で損をしていることになります。

 

 

目の前の出費(洋服代)と将来的な利益(イケてる姿)を比較し、

判断を誤ってしまうと誰でもこのような結果になります。

 

男がケチである事のメリットを女性が感じないなら、
それは、意味がないのでモテるわけがありません。

 

 

もしも本当にお金が無い状況なら隠さず正直に、

「今月ピンチやねん」と言った方が女性としても気持ちが良いです。

 

 

さすがに、これをいつも口癖のように言っていたら

ケチだと思われますが(笑)

 

ケチな男は他人の気持ちもお構いなしで嫌われる「せこい男」

 

ここからは、女性が引いてしまう節約について解説します。

 

私の個人的な見解ですが、

賢い節約家と残念なケチ男の違いとは、せこい男かどうかの違いだと思います。

 

 

せこい男は、器が小さいというか他人の気持ちはお構いなしで、

自分の懐が優先でお金を使いたくない執念めいたものがある。

 

 

せこいんじゃないか?という感覚が分からない場合は、

他人が見たら印象が悪くないか?をイメージするのが良いです。

 

ですから、先ほど例に挙げたように

同じ服をずっと着ているのは隠しておくべきことであって

間違っても女性にアピールすることではありません。

 

「あなたと会うならこの程度の古着で十分です」

と言っているようなものですから印象が悪いです。

 

例えば、膝の跡がついたジーパンで襟のボロボロになったワイシャツなど、

デートの場面として問題が無いか?ということです。

 

もっと言えば、

何か月も髪を伸ばしっぱなしにしたり、靴下が薄くなって破れそうだったり、

下着のゴムが緩くなっていたり、靴が汚れて臭くなっていたり。

 

これらは大きな出費をしなくても解決できることです。

 

 

安くても新しければ、手入れをしない古臭いものよりマシです。

 

 

古くなると、いい味が出るスニーカーなどもありますが、

それはファッションであり、ケチっているのとは目的が違いますよね?

 

意図的にダメージ加工してあるものや、

ヴィンテージものでもなければ買い換えてしまうことをおすすめします。

 

女性は割り勘する男が嫌い!男は黙って2人分をカード払い

 

じゃあ、節約は出来ないのか?という疑問がありますが、

女性が気付かない、さりげない節約もあります。

 

 

賛否両論あるのが食事の会計でクーポンを使うか使わないか。

 

 

「クーポンを使って支払う男なんて!」という女性は多いですが、

女性が席を外している間に会計を済ませれば問題ありません。

 

むしろ、大人の男の気遣いのようになるので女性にとっては好印象です。

 

女性にごちそうして感謝の言葉を聞きたい気持ちは分かりますが、

あえてお礼を言わせないことで

「何かお返ししなくちゃ!」と思わせることが可能なのです。

 

 

つまり、割り勘で小銭をケチるよりも、後でもっと良いことがあるわけです。

 

 

 

また、クレジットカードの使えるお店を利用するのもおすすめです。

 

ポイント還元率の良いカードで支払いをまとめることで

デートの出費からポイントをコツコツ貯めて間接的に節約することもできます。

 

プレゼントは高額なものを購入することもあるので、

クレジットカード払いできるものが良いかもしれません。

 

カード払いは毎月の利用明細が届くので、

現金で支払うよりもお金の管理がしやすくなるメリットもあります。

 

節約よりも節税!カードの特典で女性の心を掴む大人の男

 

最後に、女性が感心する節約術を解説します。

 

ケチなせこい男ではなく、

スマートな男という好印象を与える方法です。

 

基本的に節約のマメ知識はスケールの小さい話ばかりなので、

積極的に披露するべきではないことが多いです。

 

 

ただし、節税に関することは、積極的に教えてあげた方が好印象です。

 

 

例えば、

ふるさと納税や医療費控除などが挙げられます。

 

ちょっとだけ勉強すれば、会社員でも簡単に利用できるけれど

「複雑そうで無理」というイメージが先行している女性もいます。

 

節税できるということは、ケチというよりも

賢くスマートな印象があるので「しっかり者」になれます。

 

 

また、ゴールドカードを持つこともおすすめです。

 

 

ゴールドカードの特典として、

劇場や空港などの専用ラウンジを利用できることがあります。

 

おしゃれなラウンジで待ち時間を過ごせば、

社会的な信用やステータスにこだわる女性も快適で気分が良いハズです。

 

 

年会費が数万円かかるゴールドカードもありますが、

12カ月で割り算すると大きな負担ではないことがほとんどです。

 

 

ゴールドカードには審査がありますが、

ポイント還元率が上乗せされたり、様々な保険に加入できるものもあったり、

年会費が有料でも所持していて損することは無いと思います。

 

まとめ

 

節約するならスマートに、というお話でした。

 

節約にこだわりすぎするケチ男は問題ですが、

工夫次第では大きな魅力になります。

 

せっかく女性に奢るなら、気持ちよく奢りたいものです。

 

ケチで、女性に幻滅されるような行動だけは慎みましょう。

 

今回のお話を以下のとおりまとめました。

 

■目の前の出費と将来の利益を比較して節約の判断をしよう。

■他人の気持ちもお構いなしなのがケチでせこい男

■女性との割り勘はリスクがあるので黙ってカード払いしよう。

■節税の知識は積極的にシェアするべき。

■カードの特典を利用して女性を楽しませる。

 

クレジットカードはカードごとに特徴があり、

その種類もたくさんあります。

 

ポイントの還元率が良い。

受けられる特典の種類が多い。

年会費が無料。

 

どれにしようか迷う・・・という方は、

上記の基準を満たしているこちらのカードがおすすめです。

 



年会費無料【Yahoo! JAPANカード】