ネットからリアルで女性とデートする!リアルとの恋愛の作法の違い

ネットで知り合った女性と初デートが決まった!

 

こういう出会いは生まれて初めてなので、
嬉しいけれど心配なことでもある・・・。

 

 

会ってがっかりされたらショックだなあ、緊張する~。

 

 

ここまで女性とのやり取り、1カ月。

 

失敗したくないけど、どうすればいいんだろう。

 

リアルで会って性格が悪い女性だったら嫌だし、
不安が多すぎて眠れない!

 

 

確かに、ネットのやり取りが上手くいっても、
リアルで会ったらダメダメというパターンは良くあります。

 

もしかするとあなたも・・・。

 

という悪い冗談はさておき(笑)

 

既にデートの約束ができたなら、
恋人同士の関係まであともう少しです。

 

ですが油断は禁物。

 

ネットからリアルという流れに適した、
スムーズに人間関係を構築する恋愛の作法があります。

 

ネットもリアルも人間関係は誠実が一番

 

ネットで女性と出会う時の心構えから解説します。

 

良くも悪くも、

ネットでの出会いは顔も見えず、匿名性があるという特徴があります。

 

 

そのため、ネットの出会いは信用性がゼロに近いと考えます。

 

 

こうやってネット上で文章を書いているお前が言うな、

というツッコミを受ける事は私も重々承知です(笑)

 

 

酷い奴だと思うかもしれませんが、

私は、見ず知らずの女性のことを完全には信用しません。

 

なぜなら、今はデートの日程が決まり興奮気味だと思いますが、

「あの子は誠実」という自分にとって都合の良い考え方をしていると

簡単に悪い女性にダマされることもあるからです。

 

 

しかしながら、

ネット経由に限らず人間関係は誠実であることが超重要です。

 

「そんなの当たり前のことだ!」と思うかもしれませんが、

ネットだからバレないだろうと平気でウソをついて女性を騙す男は多いです。

 

マッチングアプリのコミュニティを見ても、

「嘘をつかない人が好き!」というグループがあるくらいですので、

女性はネット上の嘘つき男たちにうんざりしている。

 

 

あなたは大丈夫だと思いますが、

本気で好きになれる女性が現れた時、

嘘をついていると取り返しがつかなくなります。

 

 

1日幸せになりたければ髪を切れ、

一生幸せになりたければウソをつくな、と誰かが言っていましたが。

 

私もその言葉に同感します。

 

 

信用が無い男はどこに行っても人間関係は構築できません。

 

 

ネットだからこそ女性に対する信用を意識しましょう。

 

ネットとリアルのギャップはできるだけ埋めるべし

 

ここからは、

ネットで知り合ってリアルでデートをする時の立ち振る舞いです。

 

お互いに顔を知らない場合、

待ち合わせでは通話しながらスムーズに会いましょう。

 

ネットからリアルで女性と初めて会う時のあるあるですが、

女性がものすごいブスということもありえます。

 

「うっわー、もう帰って良い?」と思うこともありますが、

女性とどこまで親密になれるかチャレンジするつもりで、

迷うことなく恋愛の経験値を増やすことがおすすめです。

 

 

初めて女性とデートをする時は、ガチガチに緊張するかもしれません。

 

その時は気持ちを素直に声にすれば緊張感が減ります。

 

「こういう出会い方って初めてだから緊張するわ~。」

「イカツイ男が現れたらどうしようかと思ってたわw」

 

女性も緊張していると思いますので、お互いに空気が和むと思います。

 

 

会話の切り出しとして、

リアルで会う前と会った時の女性の印象は話題にしやすいです。

 

「思っていたよりも声が高いなw」

「おっとりしていると思ってたけど、ハキハキしてるね~!」

 

女性も自身の印象を知りたいですし、話に興味を持ちます。

 

 

ネットでやり取りしていることから、

リアルの出会いよりも親密度のアドバンテージがあります。

 

多少はファッションがイケてなくても大丈夫ですし、

不思議なことにあまり顔をジロジロ見られません。

 

そうは言っても、マイナスのギャップに気を付けたいです。

 

LINEなど文章のやり取りだけ明るい性格のキャラではダメです。

 

なまりとか文章と口調が違うという多少のギャップは仕方ないですが、

リアルではテンションが低くて覇気がなかったり、

ウソをついたり、言っていたことと違うのはナシです。

 

これまでネットで二人が盛り上がった話題を深めることで、

やり取りしていた本人であることがより伝わると思います。

 

 

お互いハンドルネームで呼び合っていた場合は、

下の名前で呼び合う仲に切り替えるタイミングにしても良いです。

 

初デートは次の約束と恋愛話で最後にキスを狙う

 

最後にネットで知り合った女性を彼女にするために、

デート中の食事でするべき会話を解説します。

 

 

次回のデートの約束をすることを目標としつつ、

交際中の男女のような親密な雰囲気づくりを大事にします。

 

 

リアルで会う時はネットのやり取りで文章にしづらい

ちょっときわどい恋愛の話をして男女の関係を意識させます。

 

デートの話題になったら、

「じゃあ、次回はそこに行こうか?」と

次回の日程までスケジュールを決めてしまいましょう。

 

 

対面している時はデートの誘いを断りにくいですし、

何をするか決めやすいので、デメリットは無いはずです。

 

 

食事は間接キスをするために飲み物の味見をし合ったり、

デザートのスイーツを別々のものを注文してシェアしたり、

「あーんで食べさせてもらう」ことに挑戦しましょう。

 

デートの別れ際のスキンシップとして、

「あれ?お別れのキスしなくていいの?w」というボケに対して

「何言ってんのバカw」という女性の華麗なスルーを誘います。

 

 

運よくキス出来たらラッキーですし、

次回以降のデートでカラダの関係を持ちこむ布石にすることができます。

 

 

このようにして、

女性と親密な仲になるように積み重ねることで、

告白せずとも実質的に交際している状態で彼女ができます。

 

まとめ

 

ネットからリアルの出会いは信用が大事、

というお話をしました。

 

男も女も嘘をつく人はいますし、

性格が悪いかどうか不安になることもあるかもしれません。

 

しかし、それはネットの文章だけで判断するのは困難であり、

リアルで会ってみないと分からないのが本音です。

 

 

モテる男になるということは、

悪い女性を見抜いてダマされない力をつけることにもつながります。

 

 

あなたのデートが上手くいくことをお祈りします。

 

今回お伝えしたいことを以下のようにまとめました。

 

■誠実で信頼される人間関係を目指す。

■マイナスなギャップが起こらないようにテンションは高めで。

■文章にしにくい、ちょっときわどい恋愛話をしよう。

■次回のデートの約束をする。

■ダメ元でキスを狙って男女の関係を深めよう。

 

初めての相手とデートをするのは緊張するものです。

 

恋愛経験が増えると良くも悪くも緊張感はなくなってきますが、

コミュニケーション術を学んでおくと心に余裕が生まれます。

 

女性との会話が苦手なコミュ障の自覚がある方は、

こちらの教材がおすすめです。

 
スーパー会話テンプレート~決まったセリフを言うだけで、かわいい女の子の感情を刺激し発情させ、自分から離れられないほどに心を開かせる会話術 WL-A117