女性と食事をする時の会話が不安!女性を喜ばせる楽しい話題とネタ

デートの食事中に会話が止まって沈黙状態。

 

何だか女性は退屈そうに遠くの空を見ている。

 

でも気の利いた冗談や話題なんて思い浮かばないし、
グラスを持つ手も震え始めた。

 

あれ・・・?息苦しくなってきた。

 

俺だけ宇宙空間にいるみたいだ。

 

酸素が足りない!

 

 

もはや、これまでか・・・!!

 

 

呼吸困難になっていてはデートどころじゃありませんね(笑)

 

慣れない女性と二人きりの会話は緊張するものです。

 

頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。

 

今回は、女性との食事やデート中に使える会話テクニックを教えます。

 

食事をする時は「行儀よく」!話題やネタよりマナーが大事

 

「やばい!女性と会話が続かない」

 

気になる女性と二人で食事をする時、

会話が苦手な方の多くは、その話題やネタを意識すると思います。

 

 

しかしながら、

会話の内容以外で女性を不快な気持ちにさせてしまう、

という残念な男もいます。

 

あなたは大丈夫だと思いますが、

まずは最低限の食事のマナーについて解説します。

 

 

口に食べ物を含んだ状態で話をしてしまう、

ということは、行儀が悪いですので気を付けましょう。

 

話していて口から食べたものが飛び出すのは汚いです。

 

 

また、食事中にテーブルに肘を付いていたり、

口を開けて「くちゃくちゃ」と食べるのも良くないです。

 

私の友人男性の一人が、大きな音で鼻をかむのですが、

いったんトイレに入って鏡の前で済ませるほうが無難です。

 

 

「不快だし、一緒にいるのが恥ずかしい・・・」と

思われてしまわないことはデートの基本です。

 

食事の相手が女性だから、ということではなく

普段から行儀よく食事を心がけましょう。

 

女性と会話する時に嫌われる!話題としてNGな会話ネタ

 

女性と会話する時に嫌われるNGな話題を解説します。

 

デートの目的が女性と仲良くなって恋愛することですので、

ネガティブな話題を自分から会話ネタとして振らないようにしましょう。

 

以下のようなNGな話題は、盛り上がらないだけでなく、

脈ありだった恋愛感情も一気に冷めることがあります。

 

 

「どうせ俺なんて見た目もカッコ良いわけじゃないし」

「これと言って何か得意だって言えることもない」

「今まで女性にモテたことが無くて」

 

自分の事を諦めたり否定する発言はNGです。

 

女性が男に興味を持っているから食事やデートをするのに、

事実だとしても自分自身を否定していては幻滅します。

 

 

「今、うざいって思ったでしょ?」

「給料少なくてさ~、宝くじでも当たらないかな?」

「ところで、俺の事ってどう思う?」

 

このような自分に自信が無くて印象を聞くことや、

クヨクヨしている泣き言、愚痴をこぼすのもNGです。

 

飲んでいるからといって、うっかり言わないように気を付けましょう。

 

女性との食事で会話が盛り上がる!女性を喜ばせる楽しい話題とネタ

 

ここからは、女性と会話が盛り上がる話題やネタについて解説します。

 

女性に何を期待してどのような話題を提供するか?

 

それを理解することで、女性との会話のネタに困ることもなくなりますし、

どうすれば女性と仲良くなれるのか女心も分かるようになります。

 

女性の印象を話して喜ばせる「ツカミ」の会話

 

「自分は他人からどう見られているのか?」

誰でも自分に対する他人からの印象は分かりにくいものです。

 

「年上の男に人気がありそうだな」

「おしゃれだからアパレル関係の人かと思った」

「芸能人の〇〇に似てるって言われない?」

 

女性に対しても、これを話題にすることで興味津々になります。

 

女性の印象を語ることで間接的に褒めつつ、

喜ばせることができれば「ツカミ」はOKです。

 

「もしもネタ」を使った妄想を話題にして盛り上がる

 

「次の話題が出てこないので困った」という

女性とのデート中にピンチになってしまうことはありませんか?

 

もしもネタ」を使って妄想することは自由度が高いですので、

話題やネタを制限される心配がありません。

 

これを恋愛や男女に関するテーマの質問をして妄想させることで、

女性との会話が盛り上がる起爆剤になります。

 

 

「もしも芸能人と結婚できるなら誰がいい?」

「生まれ変われるとしたら、男と女どっちがいい?」

「将来の結婚相手が分かる占い師がいたら会ってみたい?」

 

女性にとっての恋愛や結婚観が分かるだけでなく、

男女の関係を少しずつ意識させて恋愛話をする布石として使います。

 

現在、過去、未来、来世など

時系列で「もしも」の状況を考えると話題が作りやすいです。

 

元カレのことなど、女性の過去の恋愛話を引き出す

 

女性と深い関係を構築するために、話題を恋愛話に持ち込みましょう。

 

女性が大好きな恋愛話は盛り上がりやすい反面、

聞き手にウザいと思われるので話題にしにくい特徴があります。

 

初恋、片思い、失恋、元彼、カラダの相性、

などの赤裸々なエピソードなど。

 

そのような「過去の恋愛話」を女性との会話で引き出すことで、

お互いに何でも話せる打ち解けた関係を構築できます。

 

 

「彼氏と別れてからどのくらい経つの?」

「いったい何が原因でわかれることになったの?」

「前の彼氏のどんなところが良かった?」

 

踏み込んだ質問に挑戦しましょう。

 

 

しかし、質問ばかりを繰り返すのではなく、

 

「ほうほう、なるほど。」と、

女性の思っていることに共感する必要があります。

 

 

また、うっかり女性を批判してしまうと、

「じゃあもういいや」となってしまうので

聞き役に徹することがポイントです。

 

「恋愛経験が無くて話せる恋愛エピソードが少ない」

という場合は、失恋や片思いのエピソードを作りましょう。

 

ダメだったエピソードも立派な恋愛話です。

 

 

会話が盛り上がったところで、「お開き」にすることで

女性に「楽しい食事だった」という印象を残せるはずです。

 

これも、女性からの印象を良くするテクニックになります。

 

まとめ

 

女性との会話は目的意識を持って展開しましょう。

 

ネタや話題の引き出しを増やす努力は大切ですが、

話題を女性から引き出してしまえば聞き役になれます。

 

聞き役になることも女性と会話を続けるコツです。

 

慣れないうちは難しく感じるかもしれませんが、

女性との会話が続かないという悩みを解決するには練習あるのみ。

 

 

失敗を恐れず、やってみると意外に簡単ですよ。

 

 

今回のお話を以下のとおりまとめました。

 

■会話の内容も大事だけど「行儀よく」あるべし。

■ネガティブな態度や自信の無い発言はNG

■女性と仲良くなる会話をするなら「目的意識」を持って

 

女性との会話は本来、楽しいものです。

 

好きな女性と二人きりで会話できるのに、

話題がないとか出し方が分からないのは悲しいことです。

 

偉そうに語る私も女性と会話するのが苦手でした(笑)

 

 

しかしながら、

こちらの恋愛教材で学ぶことで女性と食事や会話するのが

心の底から楽しいと感じるようになりました。

 

会話のネタが思いつかないなどのネタ切れに怯える必要もなく、
誰にでもできる方法です。

 

女性との会話に苦手意識のある男性には、きっと役に立ちます。
スーパー会話テンプレート~決まったセリフを言うだけで、かわいい女の子の感情を刺激し発情させ、自分から離れられないほどに心を開かせる会話術