女性とデートで二人きりの食事をしたい!誘い方のコツを教えます

「気になる女性が現れた!デートに誘いますか?」

 

ドラクエの主人公みたいに勝手にイベントが発生して、
「はい、いいえ」の2択から選んでデートができたら簡単なのに。

 

そんな妄想しているけれど、
職場と自宅の往復で何もイベントが起こる気配すらない・・・。

 

「奥手なので、デートの誘い方がわからない」

 

「恥ずかしいし、失敗するのもコワいし。」

 

 

そのようなウブな男子は意外と多いです。

 

 

しかし、リアル世界で恋のイベントの発生を待っていると、
あっという間にゲームオーバーです。

 

肉食系という積極的な女性もいますが、
多くの女性は男からの誘いを待っています。

 

女性も男から誘われて悪い気はしないものです。

 

今回は、女性と二人きりで食事デートをする誘い方のコツを教えます。

 

こんな女性の誘い方はNG!下手な男がやるダメな誘い方

 

まずは、気になる女性をデートや食事に誘うNGな方法を解説します。

 

ここで言うところの「気になる女性」とは、

全く持って面識のない道端で会った女性をナンパするのではなく、

職場や飲み会などで知り合う、会話が可能な女性を想定しています。

 

恋に奥手でウブな男性に陥りがちなことは、

コミュニケーション不足の状況で女性を誘ってしまうことです。

 

そのため、デートに誘うことは一大決心であり

勇気を振り絞って、意を決して誘ってしまいがちです。

 

「いったいそれの何がいけないの?」

と思うかもしれませんが。

 

それは、女性にとって重たい・・・」となりやすく、

「ヤバい奴かも」とか、女性に警戒されやすいのでNGです。

 

また、モテない男にありがちな

「いつが都合よいか?」

予定を聞きながら誘うという方法もNGな誘い方です。

 

これは、あなたも経験があるかもしれませんが、

乗り気ではない誘いについて日程を調整されるのは苦痛です。

 

「いつも何も、そもそも行きたくない・・・」

「こいつは面倒だ」

 

一回断られるだけならまだしも、

女性が男に対して「心を閉ざす」と二度と誘えなくなります。

 

さらに、「次の日が休みなら良いかも?」という理由から
「金曜日の夜に二人で飲もう」というのもNGです。

 

女性としては「お持ち帰りするつもり?」と警戒しますし、

「長い時間拘束されるのでは?」という不安もあるでしょう。

 

男がそのつもりは無くても、

女性から断られる原因になる誘い方はやめましょう。

 

女性とデートや二人きりの食事をしたい!誘い方とテクニック

 

女性とデートで二人っきりの食事をする誘い方を解説します。

 

そうは言っても、「こうやって女性を誘えば良い!」

という魔法のセリフは存在しません。

 

しかし、それに近いテクニックは存在します。

 

女性から「お断わり」されることを恐れず、

以下の方法で気軽にチャレンジしましょう。

 

面と向かって直接誘う

 

一番成功率が高いのは、

「女性と対面している時に直接」誘うことです。

 

よくあるのが合コンの後など、

LINEのメッセージを使ってコソコソと誘うのはイマイチです。

 

「勇気が無いからLINEで誘おう!」

という気持ちは分からなくもないですが。

 

メッセージを無視されたら終わりですし、

男なら堂々とその場でデートや食事に誘うのが王道の誘い方です。

 

LINEは顔が見えないので断りやすい、というのもありますが

文章でのやり取りは誤解が生まれやすいです。

 

どうしてもLINEを使わなければいけない場合は、

通話をしながら誘うことで成功率を高くすることができます。

 

不意打ちで急に誘う

 

女性に対して「不意打ちで誘う」ことも誘い方のコツです。

 

女性からは、誘い方が唐突すぎると思われるかもしれない。

 

しかし、これはあえて女性が断る理由を作るために、

「今からパスタ食べに行こう!」という急な誘いをするのです。

 

女性からの「いや、無理でしょw」というお断りを期待し、

「うーん残念wまた今度な!」とサラッと身を引きます。

 

このような、誘って断られるパターンを繰り返し、

「たまにはいいか」というOKを待ちます。

 

ハードルを下げて誘う

 

また、時間を区切るというのも誘い方のテクニックです。

 

「ちょうど待ち合わせの合間で暇な時間が出来てしまった」

というような無理やりでも理由を作り、

短時間で二人きりの食事に誘う方法です。

 

「待ち合わせの合間だけ」というタイムリミットがあるので

女性にとっては安心感があります。

 

そこで、さらにメリットを提示します。

 

「パンケーキおごっちゃうよ?」

「美味いコーヒーを一緒に飲もう」

 

というメリットから「せっかくなら行こうかな?」

となり誘いに応じやすくなります。

 

女性が弱っているタイミングで誘う

 

気になっている女性に彼氏がいる場合、

常にコミュニケーションを密にした状態で待つという方法です。

 

女性が恋人と別れた直後で落ち込んでいるタイミングがあります。

 

それに気づいた時に女性を元気づけるために誘う、

という方法があります。

 

弱っている状態では心の支えが必要ですし、

恋愛の傷は恋愛でしか癒せませんのでチャンスがあります。

 

このようなタイミングで女性をゲットする場合、

復縁や女性にとって本命の男が現れた場合に終了するかもしれませんが

一つのきっかけを掴む方法としては役立ちます。

 

デートに誘う回数に制限はないから、何回でも挑戦できる

 

上記のように、色んなパターンを使って誘うものの、

 

・誘いを断りやすくて、男はあっさり潔く身を引く。

・LINEのメッセージなどでは全く誘わない。

・断られても本気で凹んでいないので爽やか。

 

というパターンを繰り返し、

「たまにはオッケーしないと悪いかな?」と思わせる。

 

これには、重苦しい雰囲気の「告白」とは違うものの、

「あなたに興味があります」というのを伝える効果があります。

 

また、

女性にとっては「私のことどう思っているのかなー?」

という気になる存在として印象に残すことができるわけです。

 

以上が女性と二人っきりでデートや食事をするための誘い方です。

 

まとめ

 

女性を二人っきりのデートや食事に誘うということは、

初めての場合かなり勇気がいります。

 

しかし、それは期待して断られるからコワいだけであって

断られることが前提であれば気楽にチャレンジできます。

 

 

一番重要なのは、

「リアルはがっつき、ネットは冷静」という姿勢です。

 

 

結局モテるのは、行動力がある男です。

 

そうは言っても、ネットでメッセージを送りまくるのは、

「何を考えているのかわからない」のでコワい(笑)

 

 

なので、女性を誘うタイミングはリアルを中心にしたほうが、

成功率が高くなるのでおすすめです。

 

 

今回お伝えしたことを以下のとおりまとめました。

 

■女性を追い込むNGな誘い方はダメ

■気軽にチャレンジしよう。

■誘いを断られても凹まず諦めない。

 

デートは誘い方を工夫すると実現しやすくなります。

 

しかしながら、

土台となる女性との信頼関係や好感度などを

コミュニケーションで構築することは大切です。

 

女性とのコミュニケーションを勉強する場合、

女心も理解できる、こちらの恋愛教材がオススメです。

 
スーパー会話テンプレート~決まったセリフを言うだけで、かわいい女の子の感情を刺激し発情させ、自分から離れられないほどに心を開かせる会話術